木の音 人の技 トップタイトル

サウンドその1:「初めてギターを買いに行った日 100%のド素人」



ギターのある生活 この記事は「うちのギターたち」でご紹介した「モーリスW100(?)」と少々ダブる内容になると思いますが、やはり、今までのギターとの付き合いの中でその始まりとなることであり、また、奇妙なご縁のようなものを感じることですので、記してみたくなる事柄です。

そもそもギターなるものにどうして興味を持ったのかは思い出せません。もちろん、音楽は好きでしたし、演奏を聴くのも好きでした。しかし、自分がプレイしたいとは思っていなかったように記憶しています。まあ、学生ですから周りの者がけっこうバンドを作ったりしてエレキやアコースティックギターをかき鳴らしていましたけど。全共闘世代(団塊の世代)から始まったフォークブームは、ロックという新しいムーブメントを吸収して、衰えることなく若い連中の「夢」を膨らませ続けていたわけです。その渦中にあって「なんとなく」私もギターなるものへの興味が湧いたのでしょう。多分…。

楽器店へ行ってみようと思ったのは、本当にある日突然だったと思います。軽い気分で覗きに行ったという感じですね。と、その時はよもや、ギターという楽器にのめり込む(妙な形で)とは思っていなかったはずです。しかし、一歩楽器店の中に入った途端、そこに並んでいるギターたちの「美しさ」に目を奪われました。エレキには目がいかず、アコースティックが対象です。その頃はドレッドノートタイプかフォークタイプで、今ほどのバリエーションはありませんでしたが、コピーモデルとはいえ、ダブやハミングバード、マーチンタイプの渋いギターが、まさに所狭しと並んでいました。

ギターなど、友人のものに触ったことはありますが弾いたことなんかない(弦を弾くくらいはしたかも)私にとって、それらを手に取って演奏するなんてことはできませんが、とにかく、その「工芸品」でもあるギターの美しさに魅入られてしまいました。この、「ギターを工芸品」として見るということに違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、ギターは楽器ですから「弾いてナンボ」とは思います。しかし、100%のド素人にとっては、その「工芸品としての美しさ」が十分に自分を惹きつける要素だったのです。

結局、金もないのに身分不相応な価格のギターを買ってしまいました。理由は、音もさることながら(自分で弾けないから店員に弾いてもらいました)、その美しさです。ブランドのことなんて、まだよく分かりません。買ったギターを家に持って帰り、どうしたと思いますか? 即、教則本を買って、ギターをかき鳴らし、日々練習に明け暮れた、とか…。いいえ、毎日、ハードケースを開けて、ギターを眺め、その美しさに惚れ惚れとしていました。教則本はありませんが、ギターポリッシュとクロスはあります。つまり、弾くよりは磨いていたのです。

変ですか? しかし、運転するより車を磨いている方が多いドライバーもいます。似たようなものでしょ。その傾向はいまだに残っています。だんだんギターに詳しくなってきますから、木目がどうのとか、インレイやバインディングがどうのとか…、腕はいつまでたっても上がりませんが、ギターが趣味となってしまいました(ギター鑑賞)。そのうち、興味がエレキに移っても、同様の傾向…。ウインドーで見かけた中古のグレッチ・カントリージェントルマンの美しさに参って、24箇月のローンで買ってしまい、また眺めては惚れ惚れとする私…。

最初にギターから受けた「衝撃=美しさ」が脳みそにインプリンティングされたのでしょうねえ。ちょっと違うような気がしながらも、ン十年、ギターを楽しんでいます。やっぱり、変…?

ギターのある生活へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.