木の音 人の技 トップタイトル

サウンドその3:「タブ譜なんて親切なものがあまりなかった時代に」



ギターのある生活 何とかそれなりに練習を続けた成果か、簡単なコードでのストロークはできるようになりました。が、まだセーハ(バレーともいいます。Fなどのコードで複数の弦を1本の指で押さえること)などは人間技とも思えず、とても無理ですが、それは後回しにして、ストロークだけじゃつまらないので、アルペジオや、当時は「神業」であると思えたスリーフィンガーに挑戦したいと思い始めました。そんな時期に「タブ譜」なる便利な存在を知り、楽譜など読めない者のまさに福音! 早速教則本を買ってきて練習しますが、慣れない指の動きはぎこちなく、何とまあ指の疲れることか…。半日もやっているとクタクタ。体も緊張させているのでしょう。

ちなみに、数週間くらいでようやく左手の指先も固くなり、なんとか弦を抑えてもそれほど苦にならなくなってきましたが、面白いもので、このまま指先に弦の線の凹みが入った固いマメができるのかと思っていたら、やがて指の先がそれなりに程よい硬さとなり、むしろ柔らかく(?)なってくるような感じでした。簡単に言えば、左手の指先がギター弾きに順応してきたのでしょう。なるほど、これも練習の成果か。ちょっとやる気がムクッとしてきた私。

アルペジオ奏法、スリーフィンガー奏法の簡単な練習曲に「タブ譜」が付いていました。これほど便利なものがあるとは! 五線譜のオタマジャクシをギターの6弦の位置に書き換えてくれているものです。もちろんそれがあったところで即弾けるわけではありませんが、何とか超スローで指を動かしていると、それらしく聞こえます。アルペジオにもスリーフィンガーにもいろいろなパターンがあり、練習が楽しくなってきました。まだまだ自由に動かない両手ですが、ギターを弾いている感じにはなれます。理屈よりもまだ運動能力強化の段階ですけど、たまにスムーズに指が動いたりすると、一瞬、ローンまでして買った美しいギター(お高い)の本来の音(の片鱗)が煌びやかに聞こえてきたりします。マグレの一瞬ですが、しかし、それは自分をギターという楽器へと惹きつけてくれるのに十分な音です。

アルペジオもスリーフィンガーも指の動きとしては理解できました。まだ、早く滑らかに弾くところまでは行っていませんが。しかし、ある程度指が動いてくれるようになると、地味な練習を続けているより、何か「曲」でも弾いてみたくなります。弾き語りの伴奏ではなくて、その時は知らない言葉でしたが、要するにインストルメンツ(Instrument)です。まあ、伴奏でもあるのですが、何か「曲」に聞こえるものをカッコよく弾けるようになりたかったのです(まだ無理やって…)。で、何が弾いてみたいかというと、あの美しいサウンド、「サイモンとガーファンクル」の曲です。まだヨタヨタ奏法しかできない者にとっては無謀極まりない欲求です。

しかし、開き直れば所詮は遊びですから、即、楽譜を買いに行きました。しかし、しかしです…。楽譜はあるものの、肝心のタブ譜が付いているものが無い…。これでは、分からんではないか! オタマジャクシなんて、田んぼで泳いでいる奴しか知らん! と、アホのように憤ってしまいます。今では珍しくもないこの「タブ譜」なるものが、この当時は当たり前のように用意はされてはいないのです。おそらく「採譜」する人があまりいなかったのでしょう。五線譜のオタマジャクシをジッと眺めますが、さっぱり分からん…。とりあえず、一番安いのを一冊買って帰りましたが、これでどうなるものではありません。

しかし、そこは考えようです。「タブ譜がないなら、作ってやれ」と、自作の六線譜を書いて、そこに五線譜のオタマジャクシをギターの6本の弦の位置に書き直していきます。要領としてはそういうことなのですが、これがまたシンドイ作業で…。音を探るのに不慣れなギターを使いながら「採譜」していきます。時々、「人間の指でこんなのが弾けるか!」なんて位置に音が来ることがありますが、それは同じ音が弦の違いで複数あるということ。意外とこれがギターという楽器(6本の弦をかき鳴らす構造)への理解に役立ちました。つまり、「コードとスケール」との関係のようなものが感覚的に何となく分かってきたのです。

今では当たり前のようにあるタブ譜。今のオヤジ世代はオタマジャクシと格闘しながら、それをギターの音に換えていったのです。音楽の時間をサボり続けてきたツケが回った来たのでしょうが、そんなのお構いなく、ギターという楽器に集中するのに、この「タブ譜作成」は役に立ったように思います。しかし、時間はけっこうかかりました…。メゲそうな思いを抑えつつ…。

ギターのある生活へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.