木の音 人の技 トップタイトル

サウンドその36:「左手は訓練、右手はセンス って言われても…」



ギターのある生活 ギターは「左手は訓練」で「右手はセンス」だそうですが、この言葉、どこで見かけたのやら正確な記憶にありません。多分、ギター専門誌か何かの中で読んだのだと思います。まだ若い頃ですが、もうあまりギターを弾いていませんでしたので、「まあ、そんなものかね」くらいに思っただけですけど、その言葉を今思い出して考えてみると、説得力があるような、「センス」なんて言われると、下手くそはバッサリと切り捨てられてしまうような…。

「左手は訓練」ってのには異論ありません。指の痛みに耐え、コードを繰り返し繰り返し押さえてフォームを作り、できるだけスムーズに移動できるよう練習を重ね、スケールもこれまた何度も何度も指板の上で指をバタバタと動かして、何とか体に(手に)覚え込ませようと、まさに「訓練」します。てか、「訓練」っていうとなんか「猿が芸を仕込まれている」ような気がするので「練習」ですね。特に、一本の指で複数の弦を抑える「セーハ(ブリッジ)」は個人差があるにしても練習を重ねることでしかマスターできません。練習無しで一発でできた人なんて見たことがないです。この辺り、ギターが上手くならないとお嘆きの方、よくよく話を聞けば、あまり練習している様子が無かったりして…。オヤジ臭いことを言いますが(アラカンです)、英語が話せないと嘆いている方は、要は英語の勉強が足りない訳で、ビジネス(商売)なんかと違って、技術を身に着けようとして、「やるだけやったけどダメ」ってのは、あまりないんじゃないでしょうか。

私、一時期「外資系」の方々とお仕事していましたが、彼らは海外での仕事がやりたい(旅行業や商社、通信社など)という明確な目的を持って勉強していたようで、例えば英検やTOEICなんかでの級とか点数とかは関係ない人ばかりでしたね。TOEICで最高点に近いような方でも、外資系企業のワークショップ(Workshop:企業研修などでのディスカッション)で無言、というか、自分の意見を全然何も主張できない人がけっこういましたね。本人曰く「ワークショップは苦手で…」とか。私の周りで、ビジネスで英語を駆使している方々はTOEICなんて「どーでもいい」って方が殆どでした。実戦的とはまさにこの事。

って、ギターから話が逸れてしまいましたので元に戻します。つまりは、アラカンでもギターを弾くのに必要な左手の動きは十分に対応できるのです。そりゃあ、多少は鈍くなっていますけど…。しかし、「右手はセンス」って言われると、反論したいような、その通りでございますと認めてしまいたいような…、複雑なところです。確かに「センス」というのは何事にも重要ですが、そう言い切られてしまうと「才能」なんて言われるのと一緒で、「才能がないんだよ」って一言で、奈落の底へ…。

ハイ、6本ある弦を右手の感覚で自由に捉えられるかという事になれば、それは確かに「感覚=センス」です。もちろん「練習」である程度のところまでは行けますが、絶対的な感覚というのはなかなかに難しく、自分でも「あるのやらないのやら」分かりません。事実、腹が立つほどよく弾き間違えます。4弦を弾いているつもりが5弦に指が掛かっていたり、3弦を弾くのに2弦を弾いていたり…。1センチ程度の幅がある弦の間になかなか正確に指が入りません(空振りもあり)。アルペジオや3フィンガーなどのパターン化された動きならまだしも、ベースと旋律をグルーブ感を持って弾きこなす…、てなことになると、確かに指がどうしても言う事を聞かなくなることがあります。もちろん、「練習」で何とかなるのですけど、左手ほどには順調に上達してくれません。

まあ、弦を「指で弾く」という、プリミティブ(原始的)ともいえる動きですから、どうしても「動物的な感覚」、つまりは「センス」の世界になるのでしょう。ギターを弾く人で指板の左手を見ている人はいますが、右手の動きを見ながら弾いている人は見たことありません(ピッキングではいるかな…)。たまに右手がスムーズに動いて「気持ちよくギターを弾ける」ことはありますけど、続きません…。まあ、「センス」が必要であるという事は複雑な思いで認めざるを得ないですね。で、私、どうもそのセンスにはあまり恵まれていそうにない…。

が、いいのです。「ゆっくり」と弾けばいいのです。何もアラカンになってプロを目指そうという訳でもなし。ハイ、ここで唱える言葉は「マイペース、マイペース」。「センス」なんてよく分からないものを意識するより、あえて「猿並み」になって「練習」すれば、まあ、それなりには楽しめます。とにかく「練習」しない事には、楽しめるものも楽しめません。さあ、ピアノ初心者の練習のように「左手で三角を描きながら、右手で丸を描く」ような世界に入っていきましょう。ケレン味なくそういう世界に入っていけるのがアラカンの楽しさじゃありませんか。ダメ…?

ギターのある生活へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.