TOPへ戻る

木の音 人の技 トップタイトル

和製マーチン&ギブソン 東海楽器


東海楽器 ロゴ
東海楽器、正式には東海楽器製造株式会社です。楽器製造会社として特にこれといって殊更な特徴があるメーカーではないのですが…。少なくとも私はそんなイメージを持っています。戦後に浜松でピアノやハーモニカのメーカーとして設立され、「ピアニカ」を開発し、そしてギターや、エレキギターを手掛け、珍しいところではバンジョーやチェンバロ(ピアノと同じような鍵盤楽器ですが、音の出し方が少々違う)の製造もしていたようです。ギターは「ハミングバード」という自社ブランドで、エレキが1968年(昭和43年)、アコースティックギターが1970年(昭和45年)に製造を始めたようです。その辺までだと、あの地域によくある楽器メーカーのひとつ、といってしまえばそれまでです。

しかし、東海楽器が世にその名を知らしめたのは1975年(昭和50年)アコースティックギターの新しいブランド「キャッツアイ(Cat's Eyes)」の製造を始め、その音がまさにマーチンに匹敵する音を奏でた時です。東海楽器はそれに先立った1972年(昭和47年)に、マーチンと日本国内での総代理店契約を結び、同時に技術提携も結んでいます。まあ、マーチン社のOEMを担うメーカーのひとつとなったわけです。ですから、マーチン社の技術は当然、東海楽器に移入されているわけですが、ここからが東海楽器の「職人魂」というか、日本の「ものつくり」の神髄というか、アッという間に、マーチンが百年以上もかけて熟成させたギター作りの技を吸収しきってしまうところに驚かされます。よく、「真似」だからできると言われることもありますが、確かにお手本があれば努力の方向が見えることは確かですけど、本家と同等、もしくは個体によっては本家も抜いてしまうようなギターを作れるようになるためにはただの「真似」ではなく、本物の「技術」が必要です。その力は、エレキギターでも発揮されます。ギブソンの本家レスポールに対抗できるレスポールモデル(LSシリーズ)の製造を1978年(昭和53年)より開始します。

トーチインレイ 東海楽器は、コピーモデルを作らせたら日本一、本家をしのぐほどのクオリティを実現するメーカーとして高い評価を得ます。私はかつて若いころ、楽器店巡りが趣味でした(変?)ので、実際、そこで「キャッツアイ(Cat's Eyes)」の音は(人が試奏しているのを)耳にしていますが、CE-1000以上(2500まであったと思います)の上位機種は、マーチンですよ。CE-1500の、ヘッドにトーチインレイ(右の画像は参考としてのものです。Cat's Eyesのものではありません)の入ったモデルは作りも溜息が出るほどに美しいギターです。私はどちらかというとギブソン系の音が好きになり始めていた時期なのですが、マーチン買うよりこっちの方がいいかも、なんて思った記憶があります。で、ギブソン系に傾いていた私(持っていたのはグレッチですが)が「こりゃもうギブソンだわ」と思ったのが、LSシリーズ、Tokaiのレスポールモデルです。ソリッドな音よりセミアコ系の音が好きだったのですが、ちょっと興味を持ってしまうモデルでした。

アメリカの「ZZトップ(南部のロックグループ)」のギタリスト、ビリー・ギボンズ が手にしているレスポールはTokaiだったと思います。個人的な余談ですがZZトップが奏でるブルージーなサウンドは大好きです。ジミ・ヘンドリックスの"Hey Joe"のカバーなんて、シビれます。ビリー・ギボンズ にエクスクルーシブ(独占的)な契約を求めるギブソンに対してTokaiのレスポールを突きつけて、「これくらいのものを作ってから言え」と突っぱねたとか。また、ギブソンがレスポールの古いモデルを復刻させようとしたときに、Tokaiのレスポールモデルを参考にしたとか…。コピーモデルとはいえ、東海楽器の職人はそれほど精緻に作り上げていたのでしょう。同社はフェンダーやシェクターのOEMも手掛けているようです。

ちなみに、冒頭で東海楽器を「特にこれといって殊更な特徴があるメーカーではない」と個人的に評しましたが、少しスッパリと言い過ぎました。その名誉を傷つけてはいけませんので、ちょっと改めて「Tokaiの進化」について触れます。Tokai最大のオリジナリティは、世界で初めて新素材(アルミ合金)であるメタルボディー"TALBO"を開発したことです。そして、独自のボディシェイプを持つ"TALBO"を自社オリジナルのエレクトリックギターとして製造しています。後には、炭素繊維を素材とした「MAT」も開発しています。下の画像が"TALBO"です(宣伝しますから、画像を貸してください)。
トーカイ楽器 タルボ
いくら「コピーをさせたら日本一」といっても、本家と同じことをやっていたら、本家以上の評価は得られない訳で、そこには職人たちの知恵と工夫が生み出した独特の技術が当然あったはずです。そうしたものを長く維持するためには、やはり、会社自身が変に利益主義や拡大路線に走ったりしなかったということがあるのでしょう。職人気質といっても、良いものを作るためには地元浜松の腕のいい職人たちの力も借りて、決して閉鎖的ではなく、ひたすら「ものつくり」に情熱を向け続けた集団が東海楽器であると思います。一度、マーチンのプリウォーモデル(戦前のモデル、1945年以前)をコピーしたCat's Eyesをヤフオクで見つけて、「ウオッ、これ欲しい!」と思ったのですが、あまりにも多くの競合入札者が集まってきたので諦めたことがあります。どうしても欲しければ、飯を我慢してでもグレッチやギブソンを手に入れてきた私なのですが…。まあ、それほどに素晴らしいギターを作り続けてきたということでしょう。本家以上の。

ギターのあれこれへ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「弦がよく切れる場合 ここをチェック」
★とりあえず色々 「指の爪はギターの一部! かな…?」
★ギターのあれこれ 「和製マーチン&ギブソン 東海楽器」
★とりあえず色々 「単板? 合板? 高級素材? 要は音!」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.