TOPへ戻る

木の音人の技タイトルバナー

Chaki 日本で一番面白いブランド



Chaki ロゴ
何とも不謹慎なタイトルをつけてしまいましたが、私にとってこの「Chaki(茶木)」というブランドは、国産ギターブランドの中で一番面白い存在なのです。であると同時に、どう捉えればいいのかよく分からないギターでもあるのです。「評価」などという生意気なことはしませんけど、このブランドをこのコンテンツの中で書くとしたら、「どんなタイトルで書こうか?」と何度か考えて、改めてその捉えどころのなさに記事化するのを半ば諦めていました。しかしながら、その歴史、国産ギターの中での存在感、未だにマッチョなコア層が存在することを考えれば何とも「面白い」ギターなので、その感じをそのままタイトルとして書いてみようと思います。ちなみに、この「面白い」という言葉の中にはそのブランドに対する「敬意」が当然含まれています。
Chaki ロゴ
この "Chaki" 、日本語での「茶木」というのは見たことがありません。このメーカーのプロフィールを簡単に紹介しますと、1947年(昭和22年)に「茶木弦楽器製作所」が茶木純啓により京都で創業されます。コントラバスを中心に弦楽器の製造・販売・修理を行っていたようです。で、60年代の中期にはピックギターの製造を始めたようですが、この時にその製作を任されたのがあの有名な若き日の辻四郎(つじしろう)です。1961年(昭和36年)から1973年(昭和48年)まで、茶木弦楽器製作所でギターを作り続けました。ピックギター作りを辻が始めたのは20代で、当然ながら、試行錯誤の中での徒手空拳であったようです。この辺りに、Chakiギターのもつ「面白さ」の源があると思うのです。「Chakiギター=辻四郎」といってもよいのです。「茶木弦楽器製作所」は1990年(平成2年)”チャキ”と社名を変えたようです。東京に「チャキ弦楽器」というメーカー(社長の名前は茶木)が日本橋にありますが、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・弓の専門店のようでギターは売ってないみたいです。しかし、Chakiブランドのピックギターは今でも販売されているようですので、それはそれで存続しているのでしょう。この辺りは本題に関係ありませんので割愛します。
ピックアップギター
で、先ほどの「Chakiギター=辻四郎」なのですが、氏は1974年(昭和49年)、に独立し、故郷である富山県南砺市の自宅に工房を構え、現在では "S.Tsuji" のブランド名でオーダーメイドのフルアコ、セミアコとフラットトップのアコースティックギターを製作しています。そこで製作されているギターは、さすがに「日本のジャズギター製作第一人者」と呼ぶにふさわしい職人が手掛けた、円熟の極みといえる溜息ものの逸品です。

真偽のほどはともかくとして、辻四郎が茶木弦楽器製作所でピックギターの製作を任された時、氏には経験も師匠も何も無く、まさに0から全てを始めたという話を何かで読んだことがあります。コントラバスの製造ノウハウは当然ながらありますが、ギターとは似て非なるものです。辻四郎の苦労たるや、如何ばかりのものであったか想像に難くありません。私がもし鉄工所にでも勤めて、いきなり「バイクを作れ」と言われたら、頭を抱え込むでしょう。しかし、と同時に若い時分の怖いもの知らずで「面白い」と感じるかもしれません。とにかく、何もしなければ何も生まれないわけで、辻四郎の毎日は木との格闘だったでしょう。無責任に言ってしまいますけど、ムチャクチャ面白そうな日々であったのではないかと羨ましく感じます。

その試行錯誤の中で、「半削り」と呼ばれるチャキ特有の工法が生まれたという事です。まず単板スプルースにプレスでアーチをつけ、さらにハンドカービングでアーチをつけていく方法で、その技術が、年数を経ても変形が少なく耐久性があるChakiのギターを生んでいます。そして、辻四郎はさらにフラットトップのギター作りにも着手しますが、ここで「面白さ」を感じてしまうのは、当時マーチンのドレッドノートが主流の中で、かなりギブソン寄りのギター作りを目指していたという事です。Chakiのギターに見られる武骨さは独特の雰囲気を持っています。私も何度かこのギターには興味を持ちました。弾いたことがあるのは2度です。一度は、学生時代の友人が持っていたPシリーズのピックギター。二度目は仕事仲間が持っていたWシリーズのフラットトップギター。正直言って、どちらも音としてはどうとも思わなかったのですけど、その雰囲気というかギターの持っているテイストには魅かれました。

私、ブルース好きですがボトルネック奏法はあまりやりません。オープンチューニングでジョン・リー・フッカーなどを真似て、それなりに弾いたことはありますけど、あまり興味は持ちませんでした。憂歌団の内田勘太郎のギタープレイには痺れましたけど、だからといってピックギターに興味は持ちませんでしたし、ギブソンテイストをもつChakiに魅かれはすれど、それならGibsonのほうがいいやという単純な理由で、私の持っているギターの中にはピックギターもChakiのギターもありません。で、ここから以下の記事ですけど、Chakiファンの方は読まないでください。ギターへの評価という訳では決してないのですが、個人的な事ですけど、Chakiに対して少々ネガな思いを持っていることを吐露しますので。
ウネウネ イメージ
えー…、最初にChakiのギターを弾いた時、どうにもイマイチな音だと感じました。シリーズとしてはそれほど上位の機種ではなかったと思うのですけど。Chakiは個体数もそれほど多くないようだし、実際に人が弾くのを聞いたりお店で手にする機会もないので、実際の音に関しての事はよく分かりません。このギター、辻四郎氏のアドリブで作られたようなギターで、誠にスペックがバラバラというか分かり難い。フラットトップのギターは殊更にうねりまくった材(ハカランダ?)をよく使われているようですが、これって、あまり上質な「木目」ではなく、おそらく、アメリカであまり流通しない材が日本に来て、向こうでは当時「合板」なんてあまりやらないらしくて、日本はかなり優秀な合板技術を持っていたから、あんなにウネウネした木目の材でも加工できたのでしょう。そのまま加工したら高い確率で割れるでしょうね。しかし、何故か「あのウネウネがハカランダの美しさ、価値」みたいな、日本特有の勘違いが蔓延するもとをこの時代のギターが作ったのではないかと思っています。その傾向はChakiには特に強く、「見事にうねったハカランダ模様! 二度と出ない逸品!」てな煽り文句で、ヤフオクなんかで売られているChakiはかなりバブリーなお値段です。たぶん、あんな木目の材を使っていると音の当たり外れが結構大きいように思えます。事実、そうした感想をWEBで目にすることもあります。

締めくくりですが、とはいえ、あれほどに材の多様性を持っているからこそ、「ひょっとしたら大当たりの超絶ギターがあるかも!」、です。変な表現ですが、その辺にChakiの魅力があるのでは? 故に「日本で一番面白い」と思うのです。

ギターのあれこれへ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「弦がよく切れる場合 ここをチェック」
★ギターのある生活 「何故、私はマーチンにあまり興味が湧かないのか…」
★ギターのあれこれ 「技術力と提案力のOEM企業 寺田楽器」
★ギターのあれこれ 「日本のギター その源流に ヤマキ」
★ギターのあれこれ 「Chaki 日本で一番面白いブランド」



■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.