TOPへ戻る

木の音人の技タイトルバナー

ひたすらマーチンに挑戦 モーリス



モーリス ロゴ
モーリス ロゴ 以前に「穂高(ほたか)」というブランドのギターをWEBで見たことがありますが、それがモーリスの前身であるそうです。知らなかった。見た目は普通のドレッドノートですが、「0フレット」が付いてましたね。これはナットのすぐ前にフレットがあって、そこで弦のテンションと高さを揃えている造りのようです。昔のギターでたまに見かけることがありますが、今のギターにはありません。モーリスの初期のころのロゴは手書きの書体のような文字ですが、今のはかなり洗練されたデザインになっていますけど、私の世代(オヤジ)にはやはり「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない」のCMコピーの時代のロゴがシックリときますね。別にスーパースターになりたかったわけじゃありませんが、私にとっては初めて購入したギターがモーリスでした。

モーリスと言ってもそれはブランドの名前で、製造しているのはモーリス楽器製造株式会社で、それをモリダイラ楽器が販売(独占販売代理店)し、1992年に両者が今のCI(コーポレート・アイデンティティ)を共有したようです。ちなみにこのロゴの「M」を変形したマークは、「鷲」をモチーフにしているらしいのですが、言われないと分からない。モーリスのギターが、私の初めて買うギターとなった経緯は本サイトの「うちのギターたち」「モーリスW100(?)」に書きましたのでよろしければご覧ください。その時はギターのド素人なので、このギターがどのようなものかは分かりませんでしたが、その作りと音が格別であるのはド素人ながらに分かりました。今のモーリスは事業として、高級ギターブランドを志向し、フィンガーピッカー向けのSシリーズをはじめとするいろいろなシリーズのギターを発売しているようです。「新生Morris~大量生産から、半手工品へ~」のキャッチフレーズを掲げているらしく、良質なギターを作り続けているとか(Wikipediaより)。

それはさておき、私がモーリスに持っているイメージは「マーチンおたく」です。右上の画像はいわゆる「縦モーリス」のロゴですが、マーチンの縦ロゴにクリソツです。さすがにマーチンから文句を言われたようですけど。この時代のギターメーカーの殆どはマーチンを研究し、よりその性能に近づける製品を目指していたと思いますが、その筆頭がモーリスだと思います。もちろんヤイリ辺りにもその気はありますが、とにかくWシリーズを見るとマーチンの機種そのままのラインに見えます。東海楽器やクロサワ、カワセなどはマーチンの正式な日本のライセンシーなのでマーチン似のギターを自社ブランドで売り出すのは分かりますが、独自でマーチンから怒られるくらいまでクリソツなギターを作り続けたのはモーリスでしょう。その姿には、ひたすら世界のギターの巨人に「憧れ」と「敬意」と「コンチクショー負けてたまるか(?)」という複雑な思いで突っ走る猛烈なエネルギーを感じました。私のモーリスは買ってからもうン十年ですが、もうじっくりと熟成して、その音はマーチンです。正確に言えばモーリスの音ですが、マーチンと互角の音を奏でます。モーリスが追い求めたマーチンのクォリティは私のギターが証明しています。

モーリスギターそのマーチンのクオリティに挑み続けた姿勢が、技術の蓄積となり、今のモーリスの新たな展開を支えているのではないでしょうか。例えば、先の「フィンガーピッカー向けのSシリーズ」などは、薄いネックで、かつてのオムスビ型の三角ネックとは全く趣が違い、画像で 打田十紀夫が弾いているそのギターを見た時、サウンドも、ギターの趣も、かつてのモーリスのイメージとはけっこう変わっていましたね。個人的にはちょっと寂しい。まあ、フォークブームが去って、どこのメーカーも何度かは存亡の危機に立たされ、多くのギターメーカーが消えていく中、企業として生き残っていくためには、「独自路線」という強い姿勢を経営として打ち出さないと生き残ってはいけないのでしょうが。この辺りもヤイリ(Kのほう)に似ていますね。

日本のギターを「世界に通じるクォリティにまで高めた」ブランドを挙げるとすれば、ヤマハにモーリス、ヤイリですね。私的には。良い音を奏でるギターは美しいです。最近では、音楽的な志向がやや変わってきて、モーリスを弾く機会が減りましたが、スローテンポでしっかりとした美しい旋律の曲を弾こうとすればやはりモーリスですね。ン十年経っても変わら無いどころか、ますますシックリとくるモーリスのギターは、月並みな表現ですが、しっかりと「真面目」に作りこまれた名機だと思います。今までにいくつかのギターを手放してきましたが、初めて買った思い入れがあるとは言え、このギターだけは手放せませんでした。かつて、日本の「技術力、工業力」を「サル真似」と外国はよく揶揄しましたが(相当昔…)、「物作り」を「学ぶ」姿勢と、真面目さは日本の大きな資産だと思います。

まあ、オヤジの偏屈でもないのですが、今のモーリスの製品ラインにはあまり興味が湧かないのですけど、それは好みということで。

ギターのあれこれへ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「弦がよく切れる場合 ここをチェック」
★ギターのある生活 「何故、私はマーチンにあまり興味が湧かないのか…」
★ギターのあれこれ 「技術力と提案力のOEM企業 寺田楽器」
★ギターのあれこれ 「日本のギター その源流に ヤマキ」
★ギターのあれこれ 「Chaki 日本で一番面白いブランド」



■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.