木の音 人の技 トップタイトル

始めてギターを買う時、選択の基準


ギター 中古ギターに興味を持って、誰にでも自分のギターを始めて手にする時があると思います。楽器店で買ったり、誰かにもらったり、人から買ったりと色々だと思いますが、どういう経路であろうと、最初のギターは「中古」をオススメします。理由は簡単、コストパフォーマンスがいいからです。もちろん、人気のモデルはなかなか安くならなかったり、中にはプレミアがついて高くなるものもありますが、そうした一部の機種は例外として、けっこう安くなります。半額以下は当然で、中には十分の一程度で手に入る場合もあります。ブランドや機種、デザイン、色といったものはどうしてもファッションと同じように「個人の好み」となりますので、ここでは特に触れません。まあ、最初の一本ならドレッドノートタイプが無難でしょうけど。

中古の入手経路としては、「お店」「WEBのショップ」「ヤフオク」などがありますが、ある程度の知識と画像で状態を判断できるならWEBでの購入もありですけど、初めての時は多分、何も分からない状態でしょうから、ここは「お店」に行って、直接目にできて触れる中古を選ぶのが無難でしょう。できれば、一人ではなくてある程度ギターに詳しい友人・知人に同行してもらえれば間違いはないと思います。お店の中にはテキトーなものを押し付けてくるところもない訳ではないですから。

もちろん、ある程度のリスク覚悟であればWEBから購入するのもいいのですが、何度か経験すると分かりますけど、画像というのはみな「きれい」に見えます。撮影の仕方によっては傷だらけのギターが新品のようにも見えます。これは個人的な経験からですが、某ヤフオクに「トップ(表板)に目立つキズあり」と記されていましたけどなかなか手に入らないギターが出ていたので、「この程度のキズ(画像では擦れキズに見えました)なら音には関係ないな」と購入したのですが、届いたギターのキズを見てビックリ…。擦れたキズや打ったキズではなく、なんと、「火で焦げた痕」だったのです。焦げを削って、接着剤を上から塗ってあったので、画像ではまったく分かりませんでした。ネックの反りなども厳密には分かりません。

擦れたり打ったりしてできた傷ならある程度自分で補修もできますし、割れてない以上音にはさほど影響しません。しかし、「焼けたキズ」の場合は全く違います。おそらく、ストーブの前で気持ちよくギターを弾いていて知らぬ間に焦がしてしまったのかもしれませんが、そうなると板が歪みます。実際、表板の端が緩やかに上に反っていました。表板で高音側の板が反っていますから、音に影響しない訳がありません。それほど致命的ではありませんが、音の立ち上がりが気持ち「モタつき」ます。もし、そのキズが「焦げた痕」と書いてあれば、絶対に購入しません。焼け焦げはキズではなく「破損」です。この点は絶対に表記するのがルールであり、当然のビジネス道徳です。クレームでの返品を考えましたが某ヤフオクですのでノークレームを要求されます。ちなみに、このノークレーム、ノーリターンって法律的ギター 修復に違反ではないかと思いますが、実は「瑕疵担保の放棄」ってのは法律でも認められているんですよね。面倒なので、諦めました。しかし、決して安くないものですから、キズについての正確な情報を書かないことには憤りましたけど、諦めました。何とか、焦げ跡を削り(けっこう深かった)、一箇月くらいかけて反りを重しで最低限まで戻し、ニトロセルロース・ラッカーの重ね塗り(これが難しい…)で右の画像程度までは修復し、心持ち、高音の立ち上がりも良くなりました。初心者の方にこうした作業は無理です。

ですから、最初のギターは間違いのないよう、自分の目で現物を確かめた方が中古のリスクを避けられます。機種を選ぶ基準は基本的に個人の「好み」ですが、ブランドに関しては少なくとも誰でも知っているものが無難です。例えば"Chaki"というブランドがありますが、素晴らしいギターであることは間違いないのですけど、個体差がかなり大きい。つまり、「外れ」が多いのです(Chakiさん、失礼)。もう製造されていないモデルなので、どこかに不具合があればそれなりの手間と金額がかかります。コアなファン層がいる機種ですが、最初は、その手のものは避けるべきでしょう。

候補の機種が決まったら、キズの有無は目視ですぐに分かりますけど、ネックが真っすぐかどうかは最低限ジックリと確認しましょう。もし「順反り」や「逆反り」があったら、店員の方に直してもらいましょう。間違っても自分でトラスロッドを入れようなんて最初は思わないように。で、意外と見落としがちなのがペグ(ヘッドに付いている弦巻き)なのです。妙に緩かったりきつかったりするものはこれまた店員の方に言って調節してもらいましょう。古いクルーソンタイプなどでは無理ですが、今のタイプならトルク調節も大丈夫でしょう。あと、取り付けネジの締め付け。そんなの当たり前、と思われるかもしれませんが、これは弦を張らない状態で締め付けておかないと、カラカラといった異音が起こる可能性があります。事実、私はトラスロッドが折れたのかと思って暗鬱としたことがあります。何のことはない、弦を緩めてペグを締めなおしたら、即、治りました。

その他にもナットの高さやブリッジの高さ、サドルの浮き、表板の膨らみなど、チェック項目を上げればキリがないのですが、最低限のことをチェックして、キズも価格も自分で納得できる範囲であれば、それがベストです。最後に、大きなお世話承知で、中古でも新品時の価格が10万円以上のものを選ばれるとクオリティとしても満足がいくと思います。ギターは「木」と「技」で作られますから、それくらいの価格帯であれば、誤解を恐れずに言うと「真面目に作られたギター」であると思います。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

【商品検索】

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.