木の音 人の技 トップタイトル

ギターの保管 長く弾かない時には


ギター 部屋 「プロジェクト」なんてカッコ良さそうな、長くダラダラと続くだけの仕事を請け負った時や、他の趣味(釣りやゴルフ)にハマッて「しばらくギターを弾くことが無くなりそう」な時、もしくは何本もギターを持っていて、全部並べて引くわけにはいかないので、何本かは長期保管しておく必要がある時って、特に気を付けることは…? ハイ、おおありなんです。部屋に転がしたまま長期間放っておくなんて、体に…、じゃなくて、ギターにとってとても悪いことです。部屋の中には埃が漂っていますからギターにそれが溜まったり、飼い猫が爪とぎにしてしまうかもしれませんし(うちの場合)。それに、ギターにとって最も良くないのは「気温」「湿度」の変化に晒されることです。特に「湿度」ですね。これは湿度が高いと木が湿気を吸って「フヤケテしまう」し「黴(カビ)る」原因になります。金属部分(ペグや弦)は錆でダメージを受けやすい所です。ましてや、その状況で長期間、弦を張りっぱなしにしておくと、良いことは一つもありません。久しぶりに弾こうとするとき、いきなり(ギターが)入院なんて事にもなりかねません。

ギターは木ですから湿気を吸収するのは当然なのですが、それ以上に湿気(温度も)が問題になることがあります。それは「接着剤」です。ギターの接着に釘は使いません(ボルトはあります。テイラーさんのネック)が、全て接着剤で組み立てています。接着剤として「膠(にかわ)」やタイトボンド、木工用ボンド(あまり使わないか)などがありますが、「膠」は動物の皮や骨などを原料として、これを水と一緒に加熱して作る有機たんぱく質で、原料中に含まれるコラーゲンの働きで強力な接着力を発揮します。が、この接着力は湿度と温度に影響されやすいようです。タイトボンドは普通の木工用ボンドより温度変化には強いようですが、影響されないことはないようです。つまり、部屋の温度や湿度の変化でギターの構造的な強度が落ち、特に顕著なダメージとして現れやすいのが「ブリッジ浮き、剥がれ」、つまりブリッジをトップ(表板)に張り付けている接着剤の強度が落ちてしまうのです。これはその時に弦を張っていなくても、後で弦を張った時に気が付くこともあります。

ギター ハードケースとにかく、「温度と湿度」の急な変化にギターを直接晒すのは避けましょう。大事なギターなら、まず必需品は「ハードケース」です。たいていは新品も中古品でも、専用のものが付いてきますが、ものによってはソフトケースという場合もあります。今ではソフトケースでもけっこうギターの保護力が高いものもありますけど、基本的には「キャリング(持ち歩き)用」で、「保管のための能力」はハードケースにかないません。中古などを買って、ハードケースが付いてなかったら、多少サイズが合わなくても、保管用のためのハードケースは必ず手に入れておきましょう。このハードケースが「温度と湿度」の急な変化からギターを保護してくれます。また、埃もけっこう問題で、ギター表面にこびりついたり、中に溜まったりと、多少なりとも音に影響します。ギターの音は「使用する薄いラッカー」でも変わりますから。その埃もハードケースが防いでくれます。で、特に「湿度」ですが、ハードケースの中に入れて「湿度を調整してくれる」アイテムがけっこうありますので、保険的に入れておくのも手です。

ギブソンなどは全てではないでしょうが、上の右端にあるような、サウンドホールに蓋をして、短いチューブに水を含ませたものをつないで「湿度調整」をやる小物が付いていることがあります。私のにもありましたが、何度かの引っ越しでどこかに行ってしまいました(無くした…)。向こうは乾燥が日本に比べて激しいのでそうやって適度な湿り気をギターに与えているんでしょうね。日本ではむしろ、湿り気を防がなければならないでしょうけど。ただ、冬は乾燥しますから、大体の目安として、部屋の湿度を50%前後に保っておけば大丈夫でしょう。風邪の予防にもなりますし。
ギター ハードケース
いずれにしましても、まずはハードケースです。上の画像はうちにあるギターのハードケースたちです(何本持ってんだよ…。入院中のギターのものもまだあります…)。できれば中のクッションがある程度厚く、しっかりとギターがフィットするものがベストですが、多少甘くても、外気に晒しておくよりはギターに優しい状況を作ってくれます。そして、ギターの弦はユルユルにしておきましょう。再度弾き始める時、もし、あまりに錆びていたら交換した方がいいですね。それと、ハードケースに収めるときはレモンオイルでしっかりと汚れは取っておいてあげましょう。保管の時期がかなり長くなる時は、時々外気に触れさせると同時に軽く拭いてあげましょう。木も呼吸をしていますし、黴は所かまわずで出てきますから。お気に入りのギターと長く楽しくお付き合いするためには、ハードケースという「寝床」を用意してあげましょう、ということです。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.