木の音 人の技 トップタイトル

古式ゆかしく「音叉」でチューニング


音叉 A 本サイトの「ギターのある生活」「サウンドその23」で、昔、ギターのチューニングに苦労した話を書きましたが、その時代は「音叉(おんさ)」を使ってのチューニングでした。今でも音叉を使ってチューニングしている人って、いらっしゃるのかな? 慣れているってことで、ある程度の年代の方はまだ使われているかもしれませんね。今はもう、電子チューナーで手軽にチューニングできますし、チューナー自体もけっこう安くなって、ギターヘッドにクリップで止められるタイプやサウンドホールに取り付けるタイプなんかがあって、デジタル技術のおかげで使い勝手も格段に良くなっていますし。私はかつての名機、BOSSのTU-8をいまだに使っています。あのメーターの針が動くのがやはり趣があっていいですね(好き好きです)。

で、おそらく、もう音叉はギターのチューニングというシーンから消えているのではないでしょうか。他の楽器、特にクラシック系の楽器ではまだ使われている方がいるかもしれませんけど。ギターはエレアコなんかになると楽器そのものにチューナーが付いていますから、今更、音叉を「チ~ン♪」なんてやる必要はないでしょうね。で、話が終わり、では寂しいので、「古式ゆかしい」音叉でのギターチューニングについてちょっとご説明。もうすでに、古色蒼然としたコンテンツになるでしょうが。いや、滅びゆく「音叉へのレクイエム」か…。ヤマハのマークとして残ってはいますが。

ってなことは置いといて、音叉でのギターチューニングです。音叉を使ったチューニングの方法には二種類あって、「実音」によるものと「ハーモニクス(倍音)」によるものとがあります。「ハーモニクス」は弦の特定の位置に指を触れておいて、その弦を弾くと同時(気持ち、少し遅れて)に触れている指を離すと「ポォーン」という音が出る
ということです。演奏法としても使われますが、要は「倍音」と呼ばれる音で、弦の「実音」の1オクターブ上の音です。一番出しやすいのは12フレットで、弦のほぼ真ん中辺り。あとは5フレットと7フレット。言葉で説明するとなにやら難しそうですが、簡単です。弦に触れている指を少々遅れて離しても倍音は出ます。ただ、大きな音で出そうとすればやはりタイミングが必要ですけど。

で、ここでは「実音」を使ったチューニング方法をご紹介します。「ハーモニクス」を使ったチューニングの方が、なにやらカッコいいですし、慣れると簡単なのですが、それはそれで、やり方に関してはWEBでも簡単に調べられますから、その方がやりやすいと感じた方はそれでやってみてください。ここで「実音」でのチューニングをご紹介するのは、全くのビギナーの方に、ギターの6本の弦の音の関係、つまり「レギュラーチューニング(一般的なチューニング)」について知っていただければという事のみを目的にしますので。それが分かれば、オープンチューニングについてもお分かりになると思います。ボトルネック奏法でそれを必要とされる方は、ですが。

では、「実音」でのチューニングに行きます。まず、ギターの5弦(二番目に太い弦)の開放弦(どこも押さえていない状態の弦)を音叉の「A(440Hz ※442Hzのものもあるみたいですが、同じ。違いが分かったら、スゴイ…)」の音に合わせます。音叉を鳴らすのは、何か固いもので叩く(ぶつける)なりしてください。頭でもいいです。それを耳に近づけるか、机にでも柄の先の丸い部分をくっ付けると聞きやすくなります。その部分を耳に入れる人もいますが、その恰好は笑えます。で、それができたら、下の図のような関係で音を合わせていきます。5弦の開放弦の音を6弦(一番太い弦)の5フレットの音に合わせて、5弦5フレットの音を4弦(三番目に太い弦)の開放弦の音に合わせてと、順繰りにチューニングしていきます。3弦と2弦だけは音の関係が他と違いますので、ここは合わせる位置が変わります。これで、6弦から1弦までが開放弦で「E/A/D/G/B/E」となります。これがレギュラーチューニングです。
アコギ 実音によるチューニング
この「実音」で合わせる方法が最も基本的なギターのチューニング方法だと思いますが、ちょっと厄介なのは、「音叉から出るAの音は、倍音で、5弦開放弦のAの1オクターブ上」であるという事です。だからと言って違う音ではないのですが、最初は何か違う音に聞こえてしまいます。この辺りは「ハーモニクスでのチューニング」のほうが音叉には親和性がありそうなのですが、あくまでもギターの各弦の、レギュラーチューニングでの音の関係は「実音」の方が分かりやすいと思います。「ハーモニクスでのチューニング」でも、2弦は開放弦での実音で合わせる必要があります。まあ、実際には電子チューナーでチューニングされる方が殆どでしょうね。お店の方もおそらく、それを勧められると思います。

音叉を使ってのチューニングが殊更に「音感」を養ってくれるという事は無いでしょうね。私は電子チューナーが出た時、すぐに飛びつきました。楽ですから。それに、ライブなんかをやられる方は、ザワザワした中でのチューニングはけっこう厳しいと思いますし、暗いステージでは、電子チューナーのデジタル光が威力を発揮します。やはり、音叉はもう登場場面がどんどん減っていくのでしょうね。ギターを始めたころにお世話になった者としてはちょっと寂しい感じもします。私の机の引き出しには、Aの音叉が2本、何年もホッタラカシになっています。久しぶりに音叉を机の角にぶつけて音を出し、柄の所を耳に当ててみました。おー、耳がこそばゆい…。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.