木の音 人の技 トップタイトル

0フレット 何故、無くなったのか…


「0フレット」って、ご存知ですか? 「ゼロ・フレット」「オー・フレット」とか呼ばれていますが、ギターの指板に打ってあるフレットのひとつなのですけど、「0」の名が示す通り、1フレットの上、ナットのすぐ下に打たれているフレットです。他のフレットとは役割が違って、ナットとこの0フレットの間を指で押さえることはありません(指が入りません)。ナットと0フレットとはせいぜいが数mmしか離れていません。なんで、このようなものがあるのでしょうか。今のギターにはアコースティックでもエレキでもこの0フレットがあるものは無いでしょうね。それがあったのは1960年代から1970年の初めくらいのものでしょう。

この「0フレット」の効果として、「弦高を低くする」「開放弦の音を、他のフレットを支点とした音の響きに合わせる」などがあります。私が持っているギターの中でこの「0フレット」があるのは、「ヤマキ オーダーメイドギター」だけです。けっこう古いもので、おそらく1970年前後に、当時の栗林楽器のセミオーダーギターとしてヤマキがOEM対応していたギターだと思います。私はこの「0フレット」を以前から知っているので違和感はありませんでしたが、当然オヤジ世代しか知らないでしょうね。昔のヤマキにはこれが付いているギターがカタログに載っていましたし、初期の「モズライト(Mosrite)」エレキギターにもこの「0フレット」がありました。もともとはクラシックギターがそのルーツのようですが、詳しいことは分かりません。いずれにしても今のギターにそれを見ることはありません。
0フレット
それほど無茶苦茶、「効果的」なものでは無いようにも思いますが、実際に弾いてみると、悪くはないですね。低い弦高のビビりもハイフレットでの音詰まりもありません。もうアコースティック・ギターでもエレキ並みの弦高となります。個人的にはやや高めの弦高に慣れているので、最初はちょっと弾きにくいように感じましたけど、慣れてしまえば確かに弾きやすい。で、ナットではなく金属のフレットが弦の支点になる訳ですから、気持ち、伸びやかな響きになります。これはまだ、ナットの加工が難しかったころに「これでいいじゃん、簡単で」ってなことで作られた構造でしょう。

ではすべてのギターメーカーがこの「0フレット」を採用していたかと言えば、どうもヤマハはエレキではかつて採用していたようですが、アコースティック・ギターでは全く導入しなかったようです。別物と考えていたのでしょうか。あの「エレキの神様」寺内タケシがこの「0フレット」の信奉者で、「0フレットのないギターはギターではない」とまで言っていたとか。しかし、にも拘らず、この「0フレット」はその姿を消しています。それは何故ですかね? おそらく、有力なブランドであるギブソンやマーチンが採用していなかったからでしょう(ごくごく初期には採用していたような…)。多分、「0フレットの材料費(摩耗に強い材質)と、打ち込むための手間にかかるコスト」が、それほどメリットのあることではないと考えたからでしょう。

ギターの歴史の中に一瞬ですが現れた「0フレット」。無くても確かに良いのかもしれませんが、ヤマキのギターで体験した私としては、素直な感想として「悪くはない」と思っています。ナットを交換したりした経験から言って、その素材(牛骨、樹脂系、人口象牙など)や職人さんの腕によって多少違いの出てくるものを支点にするよりも、比較的均質化しやすい「0フレット」であれば、多少手間がかかろうと一本余計にフレットを打ち込むだけだし、確かに開放弦の響きが自然に聞こえますので(理屈から言ってもそうでしょうね)、これを復活させてもいいのではないかと思ったりします。

最近、一部のギターでこの「0フレット」が復活しているという話もあるようですが、ほんの一部でしょうね。それがいきなりメイン・ストリームとなるなんてのはちょっと考えにくい…。まあ、こんな感じで「あれ、良かったのに」なんてものが姿を消すというのはよくあることです。場違いな感想ですけど、自動車の三角窓なんて、ちょっと換気するのには便利だったし、フェンダーミラーも今のサイドミラーより全然見やすかったのに(これはタクシーに残っていますね)。ワープロなんてのも、テキストだけなら、機能を絞ってもう少し進化させたら便利だったと思いますね。なんか、知らない間に一つの方向に行ってしまうのはつまらないような…。ハイ、余談でした。

「0フレット」、一度経験してみると、意外と良いものです。なんでこれが消えてしまったのか、ちょっと不思議に思えますよ(かな…?)。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

【商品検索】

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.