木の音 人の技 トップタイトル

アコギ用ピックアップって、必要?


私がギターを始めた学生の頃にも、アコギ用の「ピックアップ」はありました。ピエゾなんて技術の賜物はまだまだ先の時代に登場しますけど、この時代のものは今もある「コイル式」のもので、やはりサウンドホールに取り付けて使うものでしたが、付けている人なんて見たことがありませんでした。私も、アコギにこんなの付けてどうするんだろう、なんて思っていましたが、バンドの中で演奏する時、ある程度の音量が必要という事は今と変わらなかったのでしょう。まあ、いずれにしても興味はありませんでした。

しかし、オベーションという画期的な構造を持つギターが現れて、それがピックアップとプリアンプを内蔵し、アウトプットのプラグを持っているというスタイルに、けっこう驚きましたが、それはそれ、という印象でしたね。あくまでもアコースティックギターは生音が勝負で、ステージなんかで音を拾うのはマイクのセッティングで、ってのが「当たり前」というか「カッコいいスタイル」でしたね。ですが、その当時からすでに「エレアコ」というジャンルはあり、やがて国産でもタカミネが現れ、エレアコがアコギの仲間のようになりましたけど、私的にはアコースティックギターのルックスを持っているのに、そのエンドピンからコードが伸びているのには、なんか違和感がありました。

ちなみに、トップアマクラスの人に聞いたのですが、アコギの音をマイクで上手く拾うのはかなり難しいそうです。ただ単にサウンドホールの前に置いただけではそのギター本来の「響き」が捉えきれず、複数のマイクを角度を付けて置いたりと。しかし、エレアコはエレキギターと同じで、プラグからコードを引いてアンプにジャックを差し込めばOK。誰でも簡単にアコースティックな音を増幅して響かせることができます。むしろ、エレアコはその方が音が良いし、まあ、そういう構造になっていますし。初めてエレアコの音を聞いた時、アンプラグド(電気の音じゃない)だと思って、「スゲエ…、いい音」なんて驚きました。が、しっかりと、コードが出ていましたね。

プラグ 穴 先ほど、「アコギにピックアップが付いているのには違和感が」と書きましたが、私が持っているギターの中に、何本かピックアップが付いているものがあります。電池を付けていないので役に立ちませんが、取ってしまったものもあります。特にブリッジのサドル下に入れる「ピエゾ式」のものは、何か音がボヤけてしまうようで…。プリアンプ付きのものもありますし、パッシブタイプ(つまり、ギターの中にプリアンプが無いピックアップ)のものもあります。右のギターはプラグがサイドに取り付けられたギターです。取るのは自分でやりましたが、買ったとき既についていたピックアップで、自分で取り付けたことはありません。まあ、今やアコギに後付けのピックアップギターというのは定着している感がありますね。製品もたくさん出ているし。

で、一応、アコギ用ピックアップなるものについて、簡単に整理してみます。

【ピエゾピックアップ】
⇒圧電素子(あつでんそし)を使ったもので、"Piezoelectric element" の読みから一般的に ピエゾ(素子)と呼ばれます。様々な材質を使ったものがあるようですけど、ギター用にはサドルの下に入れる棒状のタイプや、ボディに直接取り付けるタイプのものがあります。このピエゾ素子が振動を受けるとそれが電圧の変化に変わり、それを音として再生するというものです。プリアンプの付いていないパッシブタイプのものだと外付けのプリアンプが必要となります。そのままアンプにつなげても音は出ますけど、出力が弱く、「一応、鳴ります」程度ですね。

⇒メリットは、プリアンプ付きなら音量はそこそこで、セッティングが良ければ、弦によるバラツキもあまりないように思います。ハウリングや音質もまあまあという、一番無難なピックアップではないかと思います。デメリットは、やはり音が少し「ボヤ」けるような感じが…。

ハウリング:アンプから出た音をギターのボディが拾ってそれがまた音となってピックアップに戻り、要は音のフィードバックが起きるのですが、エレキではこれを利用する奏法もありますけど、アコギのピックアップのハウリングから起きる音はけっこう不快ですね。

【マグネットピックアップ】
⇒見た目はエレキギターのピックアップと同じような感じで、サウンドホールの両端を挟むような感じで取り付けます。構造は見た目と同じようにエレキギターと一緒。弦の振動をマグネットのコイルが電気信号として捉えてそれを音として再生します。これは個人的な感想なのですが、これを付けると「エレキギター」のような金属的な音が強くなるように感じます。決して、悪い音になるという訳ではないのですが、やはり「木」の音が薄れてしまうような気がします。

⇒メリットとしては、ハウリングに強いこと。音質と音量はプリアンプ次第としか言いようがないのですが、機種によってはそこそこの良い音が出ます。が、好みでしょうね。ピックアップの機種によって音質や音量に差が出る事がデメリットでしょうね。

【コンデンサーマイクピックアップ】
⇒要は「マイク」なんです。ですから、ギターから出てきた音をそのままに拾ってくれます。前述したような、ギターの前に置くマイクが、そのギターの中に入っているという事です。もちろん、小型のものですけど。普段使っているマイクには、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクがありますけど、大きな違いがあるという事でもありませんが、集音性に関してはコンデンサーマイクの方が優れているようです。で、ギター用の方はコンデンサーマイク。単体のものよりも「デュアルタイプ」のものがスタンダードですかね。マグネットとコンデンサーマイクを組み合わせたものが多いように思いますが、当然ながら、少々お高くなります。

⇒メリットはとにかく音質が良いこと。ギターの持っている音をほぼそのままに再現してくれます。デメリットはとにかくハウリングにかなり弱いこと。バンドの中で使うというより、ソロでの演奏でその本領を発揮するでしょうね。

以上、簡単にアコギ用のピックアップについてまとめてみましたけど、要はどのタイプにしてもメーカーや機種によってその性能が当然ながら変わります。どれがベストか、というのは非常に難しい。まあ、身も蓋もないことを言えば、「デュアルタイプ」のもので少々お高いものをチョイスすれば、まあ、間違いはないだろうと思いますが、それで得られるサウンドが満足のいくものであるかどうかまでは人それぞれとしか言いようがありません。

最後になりますけど、本記事のタイトル「アコギ用ピックアップって、必要?」というのは、私個人の率直な疑問なのです。後付けのピックアップは本当に様々な種類のものが販売されていますが、それを購入するのであれば、最初から「エレアコ」を購入するのがベストであると思います。私個人は「エレアコ」に興味はあまりありません。ギターそのものの「響き」を楽しんでいますから。ただし、念のためのエクスキューズですが、それはあくまでも私個人の嗜好です。後付けのアコギ用ピックアップを「否定」している訳ではありません。とはいえ、どうしても「あれって、必要なの?」という疑問は持ってしまいます。エンドピンの所にプラグ用の穴まで空けて。私自身、後付けのピックアップの付いたギターから、ピックアップを取っていますので。本件はあくまでも個人的に感じる事とご理解ください。オベーションやタカミネの「エレアコ」から出てくる音は素晴らしいと思っています。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.