木の音 人の技 トップタイトル

とりあえず、ギターの弦の巻き方


ギター弦 とりあえず、ギターの弦の巻き方ですが、「とりあえず」というのは、弦の巻き方にそれほどのノウハウがある訳では無し、それぞれの人がそれぞれの巻き方をしていますし、巻き方ではありませんが、昔は巻いて余った弦を丸くして束ねたり、猫のひげみたいにビョンビョンとそのままにしていたり、色々でしたが、やはりあれは先端が針みたいに鋭いので危なく、今ではきれいに切っている人が殆どですね。私も切ります。で、ギターの弦の巻き方自体は、「巻く部分の『巻き代』」をどのように見当をつけるかということですからこれは、クロサワさんのサイトにドンズバ分かりやすい解説がありますので、そのURLを下に張り付けておきますからご参考に。さすがはクロサワさん、巻き方の教材ギターがマーチンですよ。ちなみにクロサワさん、60周年なんですね。還暦ですか…。

https://www.kurosawagakki.com/sh_machida/ag/tips/genkoukan.html

では…。って、それじゃコンテンツにならねえだろ! …ですよね。でも、巻き方というよりも「弦の交換の仕方」ということではこれ以上の方法は無い訳で、私も「6~4弦は2巻き、3弦は3巻き、2~1弦は5巻き」程度でやっています。その巻き代の目安にフレットを使うのは一番やりやすい。昔、「何cm位を巻き込んで」なんて説明が本に載っていて、真面目に定規で測ってやっていたけど、けっこうやりにくくて面倒くさかった。このやり方が一番簡単。私は別にクロサワさんに教えてもらったわけじゃないですけど、ドンピシャのコンテンツがありましたので、私が下手に説明するよりこの方が分かりやすいですね。

で、確かにこの方法がお勧めなのですが、クロサワさん、肝心の巻き上げ仕上がり状態について書いていない。最後の「余った弦を切る所」を見てほしいですけど弦の先端が巻いた弦の間に挟まれているのがお判りでしょうか? これちょっと「逆」のように見えるのですけど、説明の所でも「(弦が)下に巻かれていくように押さえながらペグを巻く」って書いてあります。これじゃちょっと不親切。一度弦を上に一回転巻いて、で次に下に巻けば、弦の余った先端が巻いた弦と弦の間に挟み込まれます。下の画像みたいに(ちょっと見難いかな…)。
アコギ 弦の巻き方
これって確か、「マーチン巻き」とかっていってチューニングが狂いにくい巻き方だそうです。別名「ギブソン巻き」ともいうそうです(どっちやねん!)。でも、このやり方意外と面倒くさいし、私は弦がペグの軸に対してピッタリと巻かれている方がチューニングも安定するし、特に1弦2弦辺りは弦が切れるのを防いでくれると思っています。理由は、「マーチン巻き」だと弦が一部歪んで「均等に負荷がかかっていない」からです。下の画像は私がいつもやっている巻き方です。非常に単純、シンプル。弦の端を折って巻き始め(ペグへの引っかかり)を決めたらそのまま下に向かって巻いていきます。これで、チューニングが狂うこともないし、安定しています。何より巻くときそのマンマだから、楽。
※マーチン巻き=これは(結ぶように)弦を弦に絡ませる方法がそうであるとの記事もあります。文字で書いても分かりにくいので、WEBで「マーチン巻き」と検索すれば、動画の説明なんかがあったりします。要は、それぞれって事なんでしょう。私は下の画像にある「ごく普通の巻き方」が一番楽でいいと思っています。巻き方にあまりこだわりは持っていません。要は遊びが出ない巻き方でOK、と。
アコギ 弦の巻き方
まあ、結論から言えばどっちでもいいということなんですけど。弦を張るときにはそれよりも「ペグ(弦巻)」そのものの品質と、それがちゃんと取り付けられているかということの方が重要です。ネジは緩んでいないか、ペグのトルクはちゃんと調整されているか、とか。ペグのネジが緩んでいると、弦を張ってテンションをかけているのにカラカラと金属音がすることがあります。弦を緩めて、テンションがかかってない状態でネジの増し締めをやると直ります。それから、昔のクルーソンペグのように軸が丸出しだとコンとぶつけると、お約束のように曲がってしまいますが、その調整という訳でもないですけど、ボロ布をクッションにしてペンチで「エイヤッ!」って力技で直します。折れたら、交換…。曲がったままだとチューニングが上手くできませんから。曲がったままのクルーソンペグって、けっこう見かけます。

ちなみに、「マーチン巻き」ということで一番分かりやすかった動画がありましたのでシェアさせていただきます。これは簡単で確かに手軽で確実に弦が巻けそうです。2015/06/24 に公開されたもので、「ストリングポストに弦を巻き付ける方法のひとつで、チューニングが狂いにくい巻き方といわれています」、とのことです。



とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.