木の音 人の技 トップタイトル

ブリッジの浮きと剥がれについて


アコースティックギターというのは、単純化して言えば、職人さんが「木」を切ったり曲げたりして、「接着剤(膠やボンド)」を使って組み立て、塗装やバインディング、インレイで仕上がりを整えて製作します。その際に使う素材や技術等でギターのお値段が変わってきます。つまり、基本的にはボルト、フレームなどに金属工業製品を使う訳でも、釘を打つわけでもなく、人の技で組み立てられます(テイラーはネックをボルトで固定。効率化でしょうか…?)。接着剤はどれほど強力なものであってもボルト(ネジ)の強度に勝るものはないでしょう。もちろん、丈夫なだけのギターを作ったって、音が良くなければ「なんのこっちゃ」ですから、ギターという木造製品はある種の「脆さ」と隣り合わせで、あの素晴らしい音を出しているのです。

つまり、アコースティックギターとは「壊れやすい」ものであるし、また、「メンテナンス」を必要とする、けっこう手のかかる代物だと思いましょう。それは、「美しい音」「弾く楽しさ」という「得るもの」があれば、「メンテナンス」などの手のかかるものに要するコスト的・時間的な「失う(消費する)もの」が必ず発生するということです。もっともその両者の関係は「行って来い(イーブン)」ではなく、「得るもの」のほうが圧倒的に高いと思います。なんせ、それが趣味というものですから。アコースティックギターを楽しむためには修理・調整に関して、必要最低限の知識は必要となります。まあ、プロを目指している方は別で、オヤジの楽しみ程度ですから、それほど高度なものは必要ないですけど。

ギター ブリッジ で、一番発生率の高い「致命的アクシデント」は、「ブリッジの浮き・剥がれ」であると思います。ネックの反りも厄介ではありますが、応急的な対応ができることもあります。が、ブリッジの問題は、「弾けなくなる」状態となりますから、致命的。よく、ブリッジに紙を当てて、その紙がブリッジ下に入れば「剥がれだ」と決めつけてしまう人がいますが、必ずしもそうではありません。もちろん、それがだんだんに進行して「剥がれのキッカケ」になってしまうことはありますけど、ギターの製造過程で「必然的」に発生してしまう「ブリッジの浮き」というものもあります。それは大まかに言って二つ。ひとつは「製作作業工程の中でコストカットのためにブリッジの接着剤を全面に塗らないで接着してしまうこと」。もうひとつは、それと少し似ていますけど「ブリッジの接着面と表板の取り付け部周囲のラッカー塗装が数mmレベルで残っている場合」。

接着剤をブリッジにまんべんなく塗って張り付ければ、余った接着剤がはみ出します。それを取る工程はけっこう手間でしょうね。人の手できれいにふき取るという作業ですから。それを省略するために、ブリッジ全体に接着剤を塗るのではなく、少しマージンを取って、接着したときにそれがはみ出さない程度にブリッジ面に広がるよう、接着剤を使うということでしょう。一見合理的ですが、このやり方だと「接着剤不足」が起きる可能性が高く、そうなれば、ブリッジの「周囲」のどこにでも隙間ができる可能性はあります。弦を張っていない時は大丈夫でも、弦を張ってブリッジとボディーにテンションがかかれば表板は膨らむ方に変形し、接着が不十分であれば、そこが「浮き」、紙を差し込むと入ってしまいます。ギターの弦のテンションはブリッジと言うより、ピンで留めるタイプの場合はボディー側にかかります(膨らむ方向に)。オベーションのような作りのブリッジであれば、モロ、ブリッジにヘッド側へのテンションがかかりますけど。

アコギ ブリッジ 浮き 次の、ブリッジの接着面とトップの塗装の境が一致していなくて、塗装の上に接着剤が乗ってしまう場合ですが、これは一見接着しているようになりますが、時間の経過とともに隙間となり「浮き」が出ます。これには、ブリッジ周辺の「塗装浮き」を防ぐという目的もあるでしょうが、これまた紙を差し込むと入ってしまいます。ブリッジの周囲グルリに全部紙が入ってしまう場合もあります。「ギターのブリッジはそんないい加減な作りなのか」と思われるかもしれませんが、先にも述べましたが、ブリッジの「浮き」で、そこに紙が入ってしまうことが全て「アクシデント」で、修理を要するものとは限りません。もちろん、そこから徐々に「剥がれ」へと進む場合はありますが、これはほぼ「確率」の問題と言ってもいいでしょう。つまり、「当たり・外れ」があるということです。こうしたことは、高級ギター(マーチンやギブソン)だろうと、ルシアー(個人でギターを製作する職人)のギターだろうと普及品の廉価なギターだろうと起こり得ます。右の画像は、上が「まだブリッジはシッカリとしているが、浮きが始まっている」もので、下は「湿度などの要因でブリッジの端が歪んでしまったもの。ブリッジ自体はシッカリとしている」という状態のもので、今のところ何の問題もなく弾けています。が、まあ、「いずれは直しておこうか」と思っています。このレベルなら、とりあえず致命的ではありませんけど、これが進行して剥がれてしまうと、ちょっとお高い修理代がかかります。

その判断のしどころですが、身も蓋もないことを言えば、その人次第です。どうしても「浮き」が気になるなら、「剥がれ」に至る前にリペアショップで「浮き」を接着してもらえば、コストも比較的安く済みます。程度によりますが、一万円以下位くらいかな…。で、音も変わらないし、気にもならないし、「浮き」の状態がそれ以上進行しないなら、そのまま弾いていても構わないでしょう。無責任に言っているのではありません。上記の私のギターは普通に今も弾いています。

シグマギター ただ、一本(お気に入りのシグマ…)、ブリッジの「浮き」がいつの間にか少し広くなり、微かにですけど、そこから白っぽい接着剤のようなものが見えました。これはアウトです。白っぽく見えるということは、ブリッジの接着剤が伸びてしまい、トップへの固定が弱くなっているということです。原因は湿度か熱か、弦のテンション(貼りっぱなし?)か分かりません(原因の特定は難しい)。0コンマいくら位の隙間ですけど。しばらくすると、音にまで影響してきました。テンションが十分にトップに伝わらず、気の抜けたような音になりました。ハイ、これはリペアショップ行きです。こうなるとブリッジを剥がして再接着するしかありません。少々お高いですよ。福沢さんが数人飛んでいきます。三万円から四万円くらいかな…。まあ、しかしこれは、「なるときはなる」アクシデントですから、仕方ありません。信頼のできるリペアショップとお付き合いを始めましょう。修理だけじゃなく「調整」でもお世話になるかもしれませんから。

最後に余計なアドバイス(?)。「浮き」が「剥がれ」に至らないよう、予防のために接着しておく手もあると前述しましたが、とは言え、ブリッジに紙が入るというだけで予防の接着や、お金がいくらかかろうと「再接着」を依頼するのはそれぞれですけど、リペアマンの方に聞いたのですが、少なくとも、ブリッジの隙間に作業のために差し込むヘラの厚みである「0.3mm」程度は「浮き」がないと、作業がやりにくいようです。無理やりやるとブリッジ周辺に傷をつけてしまいかねないとか。ですから、とりあえずは、「浮き」が確認されても様子見しましょう。福沢さん数人分を貯金しておいて、ブリッジ修復用に取っておきましょう。

とりあえず色々へ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「ギターの素材 合板と単板の違い」
★とりあえず色々 「ブリッジの浮きと剥がれについて」
★うちのギターたち
★とりあえず色々 「ギターを弾くなら、一度はブルースを」
★とりあえず色々 「アコースティックギターの弦高調整」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.