TOPへ戻る

木の音 人の技 トップタイトル

ギブソン フルコアカスタム


ギブソン フルコアカスタム 私が持っているギターの中で一番お高いギターです。やはりギブソンですから、というだけでなく素材が「コア」ですから。しかも「フルコア(フルアコじゃないですよ)」。まだ、コア素材の楽器と言えばウクレレと思っている頃にふと目にして、その杢目の美しさに即購入してしまいました。その後ギブソンは、イベント用にフルコアを作ってはいますけど、あまり見かけませんね。サイド&バックにコア材を使ったハミングバードなんてのはあるようですけど。マーチンやテイラーはけっこう作っていますね。しかし、やはりお高い…。日本でもタカミネやK.ヤイリなどが作っていますがこちらはコアの合板のようです。ソリッドのコア材で作ると雲の上に霞むようなお値段になってしまうようです。

このギブソンのフルコアも高かったのですが、新古品ということと、なんとネック後ろのカスタムマークが少しずれているため、お安く手に入れることができました。多分、ロゴのデカールシールが十分乾く前にラッカーの下塗りでも吹き付けたのでしょう。ハワイのカスタムショップで作られたとか聞きましたが、やはり向こうの方は細かいことなど気にしないのでしょうかね。画像でお見せしても良いのですが、下が少しズレているだけなので、まあ、遠目に見てもあまり分かりません。しかし、カスタムとなればコレクター向けのギターも多いので、その程度の瑕疵が大きく価値を下げてしまうのでしょう。この辺りが「訳アリ品」とか「チョイ傷品」の美味しいところなのです。音には何の影響もありません。マークはネック後ろですから表からは見えないし、よくよく見ないと分かりません。で、どれほどお安く買えたかは想像にお任せしますが、数万ってことはないですね。もとがけっこうなお値段ですから。オカーチャンを説得するのに骨が折れました。

まあ、相場よりお安く買えるのは良いことなのですけど、私がフルコアのギターに手を出した一番の理由は「杢目の美しさ」。変ですか? 私にとってギターは「工芸品」でもあり、その美しさは大切な要素なのです。は、個人的な事なので置いといてその音ですが、んー…、音を文字で表現するのは非常に難しいのですが、ウクレレの「粒立ち」の良い音が大きな音で伸びていく(サスティーン)、そんな感じですね。こんな説明じゃ、ダメ?

一般に言われているコア材の音の特徴は「若い」って表現を使われることが多いですね。これは「明るい」「軽い」って事にも通じると思います。実際弾いていると、ブルースなんて弾いていてもカラリとした明るさになるし、どちらかと言えばラグタイムなんかに合っていると思います。弾むような軽快な「アタック」の強い音です。マホガニーっぽい中音での艶もあります(実際、この素材はハワイアン・マホガニーの別称も持っています)。しかし、ローズウッドに比べると音のレンジというか、「広がり」には欠けてしまいますね。だったら、スプルースのトップにローズウッドのサイド&バックというアコギの「黄金律」の方がいいじゃないか、って言われそうですが、この弾むような軽快さはそれだと出ません。なんというか、倍音が後ろから追っかけてくるような感じではなく、パーカッシブな感じの音が踊るように弾き出されます。

ギブソン フルコアカスタム 実は、最初にこのギターを弾いて、そのあまりの明るさに「これは弾く曲を選んでしまうギターか…」と少々残念な思いを覚えたのですが、それは杞憂でした。もうこのギターも10年位うちにいますけど、この日本の気候で少し湿ってきたのか、単純に表現すればギブソンらしい音(元からギブソンだっつーの…)に変わってきました。低音がけっこうズンッってくるようになりましたね。シェイプもJ-45のラウンドショルダー。今ではオールマイティーに楽しんでいます。メインのギターではないですけど。

しかし、コアの杢目は美しいですよ(またそれかよ、って言わないでください)。私の持っているギターの杢目はそれほど派手ではありませんが、他のものより少し深い色で、なかなか渋いです。ギターは「木」という素材と、作る人の「技」で様々に音が変化します。同じ素材、同じ形でも違う音が聞こえてきます。つまり、色々と楽しめるのです。このコア材でできたギターがあることで、他のギターの音を更に楽しむことができます。所詮プロではありませんから、楽しければいいのです。

ちなみにこのコア材もハカランダ材などと同様に乱伐で希少となり、現在は自然保護のため伐採量に制限があり、希少になってきています。そのうちに使えなくなってしまうかも。

うちのギターたちへ




■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
これからギターを始める方に バナー

アクセス数ベスト5コンテンツ
★とりあえず色々 「弦がよく切れる場合 ここをチェック」
★ギターのあれこれ 「和製マーチン&ギブソン 東海楽器」
★ギターのある生活
★ギターのあれこれ 「日本のギター その源流に ヤマキ」
★とりあえず色々 「0フレット 何故、無くなったのか…」


■サイトポリシー ■プロフィール ■お問い合わせ

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.